以前にもお伝えしたことがある国際コミック・アーツ・フォーラム(International Comic Arts Forum、略称ICAF)の第17回大会が、移転したばかりのオハイオ州立大学付属ビリー・アイルランド・カートゥーン・ライブラリー&ミュージアム(Billy Ireland Cartoon Library & Museum)で、2014年11月13日から15日にかけて開催されることになった。

ICAFは当初ワシントンD.C.近郊で開かれていたが、近年ではマンガ関連団体が設置されているアメリカ各地の様々な場所で開催されている。

現在発表論文要旨が募集中で、オハイオ大学が所蔵するアンダーグラウンド・コミックスや日本マンガの特別コレクションに因んだものがテーマのひとつとして提案されている。締め切りは2014年3月14日。応募要項など詳しくはリンク先を参照してほしい。

ビリー・アイルランド・カートゥーン・ライブラリー&ミュージアムには、約30万点の原画、4万5,000冊の単行本、6万7,000冊の定期刊行物(コミック・ブック含む)、900メートルの草稿類、切り抜き250万点が収蔵されている。その中には、約1万冊のアンダーグラウンド・コミックスで構成されたジェイ・ケネディ・コレクションが含まれる。

日本のマンガも収集対象となっており、司書のモーリン・ドノヴァン氏が80年代中頃から集めだした資料は、2012年の時点で約1万8,000点を数えた。その内容の一端は日本マンガに関する特設blogで紹介されている。数年にわたり日本の古書店から買い求めたという「時事漫画」はほぼ全冊が揃っているそうで、表紙イメージが載せられたwikiページも用意されている。

第17回国際コミック・アーツ・フォーラム(ICAF)発表者募集

http://www.internationalcomicartsforum.org/2014-conference-info.html