京都精華大学マンガ学部は、「カートゥーン」「ストーリーマンガ」「マンガプロデュース」「アニメーション」という既存の4コースに加え、あらたに「ギャグマンガ」「キャラクターデザイン」という2つのコースを設置することを発表した。

「ギャグマンガ」コースを指導するのは、竹熊健太郎氏(編集者、ライター、原作者)、ひさうちみちお氏(マンガ家)、おおひなたごう氏(マンガ家)など。「キャラクターデザイン」コースの指導教官としては、すがやみつる氏(マンガ家、原作者、小説家)、西野公平氏(マンガ家、アニメーション作家)などが予定されている。

既存4コースのうち、現在の一般的な意味におけるマンガ作者を育成していたのは「ストーリーマンガ」コースだけであり、「ギャグマンガ」「キャラクターデザイン」の新設は、「マンガ家」のさらにこまやかな育成をめざしたものと言えるだろう。さらに、「キャラクターデザイン」は、ゲームやフィギュア、ライトノベルの表紙や挿絵などのためのキャラクターもふくんでおり、新しい時代の「マンガ家」を見据えたものになっている。開設は2013年4月の予定。なお、京都精華大学は2012年4月に大学院の博士後期課程の開設も予定している。

京都精華大学マンガ学部特設サイト

http://www.kyoto-seika.ac.jp/manga+2/

京都精華大学マンガ学部

http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/

カレントニュース内記事「京都精華大学マンガ研究科博士後期課程開設記念シンポジウム開催」

http://mediag.jp/news/cat/post-11.html