京都国際マンガミュージアムでは、2012年3月3日から5月6日のあいだ「世界のコミックス作家がみた3.11〜マグニチュード・ゼロ〜」展がひらかれる。

これは、2011年3月11日におきた東日本大震災後のチャリティーのために、世界中から集まったイラストと、今回あらたに描き下ろされたイラストを紹介する展覧会。

震災直後、さまざまな国から寄せられたイラストは数千点にのぼり、そのうちの250点を集めたイラスト集は、すでに『Magnitude 9 – Des images pour le Japon マグニチュード9−−日本のためのイラスト』としてフランスで出版されている。

この日本語版が『マグニチュード・ゼロ』というタイトルで朝日新聞出版社から出版される。震災から1年を経て、「もう一度ゼロから立ち上がろう」という思いを込めてつけられたタイトルだ。『マグニチュード9』からの約60点と、今回あらたに描き下ろされた約60点をあわせ、全部で120点以上の作品を収録している。

今回の展覧会では、『マグニチュード・ゼロ』に収録されたすべてのイラストが展示される予定。『マグニチュード・ゼロ』は、展覧会初日よりマンガミュージアムのショップにて先行販売される予定で、販売価格2,200円のうち200円が被災者のために寄付されるという。

展覧会にあわせて、「マグニチュード9」発起人のひとりであるジャン=ダヴィッド・モルヴァン氏と、『あの日からのマンガ』の作者であるしりあがり寿氏との対談が、2012年3月3日にひらかれる予定。

また、2012年3月11日には、東日本大震災へのチャリティーイベントとして、倉田よしみ氏、土山しげる氏、ビッグ錠氏による「<食マンガ>の世界に関するトークショー&サイン会」も予定されている。

なお、「マグニチュード9」展も、日本各地のフランス文化機関で巡回展示がおこなわれている。

「世界のコミックス作家がみた3.11〜マグニチュード・ゼロ〜」展

http://www.kyotomm.jp/event/exh/311m0.php