「アニメーションブートキャンプ2014(合宿版)」参加者募集!(9月30日締切)

2014年8月29日公開
(9/19更新)

689_442_bannerD_0708-03.jpg

アニメーションブートキャンプ2014」

「アニメーションブートキャンプ2014」は、これからの多様なアニメーション産業分野で働くことを目指す大学生、専門・各種学校生を対象に、若手人材育成を目的に産学連携により開催するワークショップです。日本を代表するアニメーター、アニメーション監督を講師に迎え、アニメーションの大切な要素である「観客に伝わる表現手法」「身体感覚の重視」など、表現者の核となる基本姿勢を学びながら、合計4日間に渡るレクチャーと合宿で、グループによるアニメーション制作を行います。

参加を希望される方は、以下概要および募集要項・個人情報取り扱い方針・注意事項を確認・同意の上、ご応募ください。

●「アニメーションブートキャンプ」とは?

「アニメーションブートキャンプ」は、文化庁のメディア芸術関連事業の一つとして2012年から産学協同で行われているワークショップです。大学や専門学校等でアニメーションを学ぶ学生たちに、日本のトップレベルのアニメーター達が指導を行ってきました。その理念は、「表現者として自己開発できる人材を育てること」。小手先の技術や知識ではなく、アニメーターとして成長していく上で必要な基本姿勢を、他の参加者達との課題制作を通じて学んでもらいます。

※以前に実施したアニメーションブートキャンプの様子は下記ページでご覧いただけます。

 アニメーションブートキャンプ2012の様子←ワークショップの様子はレポートをご覧ください。

 アニメーションブートキャンプ2013の様子

bootcamp01.jpg
bootcamp03.jpg

過去の実施風景

ワークショップ概要|

<

日程 合宿・・・2014 年 11月21日(金)〜24日(月・振替休日)3 泊 4 日

講評会・・・2014年12月中旬

<

場所 合宿・・・東京藝術大学 研修施設(栃木県 那須)

  ※集合場所は東京23区内です。その後、研修施設に移動します。

講評会・・・東京23区内

<

対象者 ・アニメーション制作に興味のある大学生、専門・各種学校生以上の方

・日本語でのコミュニケーションが可能な方

・ワークショップ全日程に参加可能な方

・募集要項4〜5ページに記載の個人情報取り扱い方針および注意事項をご確認の上、同意いただける方

※高校生以下は不可とさせていただきます。

<

募集人数 20名程度   ※予定の為変更になることがあります。

<

参加費 約11,000円(予定)

内訳:ワークショップ参加への費用は無料ですが、宿泊費(約7,500円 3泊4日分 朝夕食代等を含む)、昼食代(約3,000円 4日分)、旅行保険(約500円)の実費が含まれます。

※都内集合場所から合宿場所までは無料送迎バスにて移動頂きます。帰りも集合場所にて解散となります。

※ご自宅から都内集合場所への往復交通費はご自身でご負担ください。

※参加費(確定額)・集合場所・持ち物などの詳細は、選考後に参加者へご連絡致します。

<

講師(予定) 青木 一紀(アニメーター、株式会社手塚プロダクション)

稲村 武志(アニメーター、株式会社スタジオジブリ)

亀田 祥倫(フリーアニメーター)

後藤 隆幸(アニメーター、キャラクターデザイナー、株式会社プロダクション・アイジー)

佐藤 好春(アニメーター、日本アニメーション株式会社)

富沢 信雄(アニメーション監督、株式会社テレコム・アニメーションフィルム)

※講師のプロフィールはページ下部をご覧ください。

応募方法|

参加を希望される方は、下記応募書類を〆切までにメールもしくは郵送にて事務局へお送りください。

応募いただいた書類による選考を行います。

詳しい応募方法については募集要項を必ずご確認ください。

募集要項

応募用紙1

応募用紙2

応募用紙3

課題ムービー用レイアウト

応募書類送付先:bootcamp2014@mediag.jp (メディア芸術総合情報事務局)

【お詫び】

応募書類送付先のメールアドレス記載に誤りがありました。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

9月19日より前にご応募頂き、メールが届かなかったという方は

上記アドレスへ再送下さいますようお願い申し上げます。

応募要項記載のアドレスに変更はございません。


応募書類の〆切:2014年9月30日(火)18:00必着

※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 応募書類を確認しましたらメールでご連絡を差し上げますので、必ず内容をご確認ください。

  • PCからのメールを受信可能なメールアドレスでご応募ください。

講師プロフィール|(敬称略 五十音順)

青木 一紀(アニメーター、株式会社手塚プロダクション)

2003年株式会社手塚プロダクション入社、アニメーターとして多くの作品で原画を手掛ける。

【主な参加作品】

テレビアニメシリーズ『ブラック・ジャック』(2003) (原画)

映画『ねずみ物語』(2007) (原画)

テレビアニメシリーズ『もっけ』(2007) (原画)

テレビアニメシリーズ『スティッチ』(2008) (原画)

テレビアニメシリーズ『遊戯王ZEAL』(2011)(原画)

テレビアニメシリーズ『坂道のアポロン』(2012)(原画)

映画『グスコーブドリの伝記』(2012) (原画)

テレビアニメシリーズ『ポケットモンスター』(2013)(作画監督)

など

稲村 武志(アニメーター、株式会社スタジオジブリ)

株式会社スタジオジブリ所属のアニメーター。シンエイ動画株式会社で動画・動画チェックを担当後、1991 年株式会社スタジオジブリ入社。数々のジブリ作品で原画を手掛ける。

【主な参加作品】

『ハウルの動く城』(2004、作画監督)

『ゲド戦記』(2006、作画監督)

『崖の上のポニョ』(2008、作画監督補)

『コクリコ坂から』(2011、作画監督)

『くじらとり(三鷹の森ジブリ美術館オリジナル短編作品)』(2001、演出アニメーター)

『たからさがし』(2011、演出アニメーター)

『風立ちぬ』(2013、原画)

『思い出のマーニー』(2014、作画監督補)

など

亀田 祥倫(フリーアニメーター)

2006年よりAICに入社。2009年よりフリーに。

【主な参加作品】

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(2009〜2010 、キーアニメーター)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012、原画)

『レイトン教授VS逆転裁判』(2012、アクション作画監督)

『アニメミライ パロルのみらい島 』(2014、キャラクターデザイン 作画監督)

『スペースダンディ』(2014、作画監督)

など

後藤 隆幸(アニメーター、キャラクターデザイナー、株式会社プロダクション・アイジー)

プロダクション・アイジー取締役。ドラゴンプロダクションなどを経て、アニメーターとして東映動画やタツノコプロの作品に参加。1988年、『赤い光弾ジリオン』終了後にタツノコ制作分室の石川光久とともに有限会社アイジータツノコ(現・プロダクション・アイジー)を設立。

【主な参加作品】

『Gu-Guガンモ』(1983、作画監督・原画)

『赤い光弾ジリオン』(1987、キャラクターデザイン・作画監督)

『ぼくの地球を守ってPlease Save My Earth』(1993、キャラクターデザイン・総作画監督)

『HUNTER×HUNTER』(1999、キャラクターデザイン・作画監督)

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(2002、作画監督)

『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(2004、キャラクターデザイン・作画監督)

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(2006、キャラクターデザイン・総作画監督)

『獣の奏者エリン』(2009、キャラクターデザイン・総作画監督)

『黒子のバスケ』(2012〜2014、総作画監督)

など

佐藤 好春(アニメーター、日本アニメーション株式会社)

日本アニメーション株式会社所属のアニメーター。スタジオジブリや日本アニメーションにて世界名作劇場などの原画やキャラクターデザインを手掛ける。

【主な参加作品】

『愛少女ポリアンナ物語』(1986) (キャラクターデザイン、作画監督)

『となりのトトロ』(1988) (作画監督)

『魔女の宅急便』(1989) (原画)

『おもひでぽろぽろ』(1991) (作画監督)

『ロミオの青い空』(1995、キャラクターデザイン、作画監督)

『劇場版 フランダースの犬』(1997、キャラクターデザイン・作画監督)

など

富沢 信雄(アニメーション監督、株式会社テレコム・アニメーションフィルム)

株式会社テレコム・アニメーションフィルム所属のアニメーション監督。アニメーターとして『ルパン三世 カリオストロの城』 (1979)『未来少年コナン』等に参加。『名探偵ホームズ』では演出・絵コンテとして参加。

【主な参加作品】

『ルパン三世 カリオストロの城』(1979、原画)

『未来少年コナン』(1978、原画)

『NEMO ニモ』(1989、アニメーション・ディレクター)

『無敵看板娘』(2006)、監督)

『二十面相の娘』(2008、 監督)

『リルぷりっ』(2010、演出・助監督)

など

<

ディレクター 竹内 孝次 (アニメーションプロデューサー)
布山 タルト(東京藝術大学大学院 映像研究科 アニメーション専攻 教授)

<

アドバイザー 岡本 美津子(東京藝術大学大学院 映像研究科 アニメーション専攻 教授)

<

マネージャー 面髙さやか(フリー)

<

主催 文化庁 メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業

<

協力 東京藝術大学大学院 映像研究科

<

運営 メディア芸術総合情報事務局

<

お問い合わせ メディア芸術総合情報事務局

bootcamp2014@mediag.jp

03-6406-3935(平日10:00〜17:00 担当:田村)

th_battle_20130116.jpg
チラシ(PDF)