第12回FUKUOKAゲームインターンシップの募集がおこなわれている。募集期間は2011年12月14日から2012年1月13日までで、インターンシップは2012年2月下旬から2012年3月下旬にかけて、レベルファイブサイバーコネクトツーガンバリオンをはじめ、福岡市内のゲーム企業9社で実施される。

募集定員はプログラマーコース・デザイナーコース・プランナーコース・デバッグプレイヤーコースの全21名で、福岡ゲーム産業振興機構事務局(福岡市経済振興局新産業学術振興課)で受け付けている。

FUKUOKAゲームインターンシップは福岡ゲーム産業振興機構が福岡にあるゲーム企業の認知と人材育成を目的に2006年から開催しているもので、過去160名が参加し、そのうち24名が福岡のゲーム企業に就職した。福岡ゲーム産業振興機構は九州のゲーム企業11社からなる団体Game Factory’s Friendship(GFF)と福岡市・九州大学からなる産学官組織で、2006年に設立され、人材育成・市場開拓・広報・その他関連事業を推進している。

募集対象は大学生・専門学校生・一般アマチュアなどで、遠方からの参加者については宿泊費の半額が助成される。学生と企業のマッチングは志望内容や適性にあわせて事務局がおこなう仕組み。FUKUOKAゲームインターンシップブログには、過去の参加者の体験談が数多く寄せられている。

 

FUKUOKAゲームインターンシップ募集ページ

http://gff.jp/internship/