大手の芸能プロダクション・ホリプロは2013年2月12日、アニメ制作会社竜の子プロダクションの株式13.5%を取得したと発表した。これによりホリプロは、タカラトミーに続く、竜の子プロダクションの第2位の大株主となる。また、またホリプロの代表取締役である堀義貴氏が、竜の子プロダクションの非常勤取締役に就任する。
発表によると、同社は所属歌手May’n氏の活動などを通じて、アニメーション業界との効果的連携を模索してきたという。そして海外でファンを獲得しているアニメと連動することは、同社の海外展開の有効な手法の一つになるとしている。
なおリリースでは言及されていないが、ホリプロは2012年に声優アーティスト部門を発足。同部門には大橋彩香氏(『ドキドキ!プリキュア』ランス役)、岸尾だいすけ氏(『神様はじめました』鞍馬役)などが所属し、アニメ関連事業に積極的に乗り出している。また、同社所属の女優、深田恭子氏が2009年に、竜の子プロダクションのアニメを原作とする『ヤッターマン』にドロンジョ役で出演している。
竜の子プロダクションは、1962年に設立された老舗のアニメ制作会社。『マッハGoGoGo』や『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカン』シリーズなど数々の人気作品を生み出してきた。現在の筆頭株主は玩具大手のタカラトミー。

 

竜の子プロダクション
http://www.tatsunoko.co.jp/
ホリプロ
http://www.horipro.co.jp/