平成28年度 文化庁メディア芸術連携促進事業 ワークショップ 「メディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス研究会」

概要

現在開発中の「日本のメディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス」の内容を公開し、プロジェクトメンバーが、公開デモとプレゼンテーションを行います。メディアアートに文化的拡張性を含めて捉え直しながら、新たな視点の提案とディスカッションを行います。今後の同データベースとインターフェイスの利活用や発展可能性について、近現代美術史、歴史情報の可視化、情報工学などの観点から議論を広げていきます。

キーノートスピーカー:

関口敦仁(愛知県立芸術大学)、田中良治(セミトランスペアレントデザイン)、細谷誠(日本大学)

ファシリテーター:

秋庭史典(名古屋大学大学院)、永原康史(多摩美術大学)、原島大輔(東京大学大学院)、松井茂(情報科学芸術大学院大学)、水野勝仁(甲南女子大学)

日時 2017年1月22日(日)午後1時–午後5時30分

場所 NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

入場無料(事前申込制)

定員 20名

対象

  • 日本のメディアアート史、近現代美術史に関心のある研究者、学生
  • 歴史情報の可視化に関心のあるデザイナーや研究者、学生
  • 映像メディア表現関係者、学芸員、アーティスト、エデュケーター
  • 情報学、情報工学関係者  など

主催:文化庁

運営:愛知県立芸術大学

協力:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

申込方法[先着順]

件名「ワークショップ申込」として、下記を本文にご明記の上、メールにてお申込みください。

mediabunka2017@gmail.com

必須

  • 氏名(ふりがな)
  • メールアドレス

任意

  • ご所属
  • ご職業(専門分野など)
  • 本研究会に対する期待やコメント

お問い合わせ

愛知県立芸術大学 学務部 芸術情報課
TEL: 0561-76-2851(平日 午前10時–午後5時)
Mail: mediabunka2017@gmail.com