カナダのケベック州立図書館・文書館(Bibliothèque et Archives nationales du Québec、略称BAnQ)では、「日本マンガ年」(Manga Year)と題されたプログラムが展開されている。展覧会、講演会、ワークショップなど様々なイベントが開催されており、なかでも核となっているのが、「日本マンガのお話し展」(Tell me all about Manga)と「日本マンガ:動きの芸術展」(Manga – the art of movement)と題された、日本におけるマンガの歴史と広がりを概観する二つの展覧会だ。両展示とも2011年9月から開かれており、前者は2013年1月13日まで、後者は2012年9月30日まで開催される。

キュレーターを務めたミラ・ファラルドー氏(Mira Falardeau)は自身もマンガ家でもあり、『ケベックにおけるアニメーションの歴史(Histoire du cinéma d’animation au Québec, Typo, 2006)』、『ケベックにおけるマンガの歴史(Histoire de la Bande Dessinée au Quebec, Vlb, 2008)』、『ケベックにおけるカリカチュアの歴史(Histoire de la caricature au Québec, Vlb, 2009)』(ロバート・アード氏との共著)などの著作を持つ歴史家でもある。

この展示に合わせて、既に終了してしまったが、大塚英志氏(神戸芸術工科大学教授)が「ディズニー/エイゼンシュタイン:反現実連合」(The Disney/Eisenstein Alliance against Nature)というタイトルで、ジャクリーヌ・ベルント氏(京都精華大学教授)が「日本におけるマンガとアート」(Manga and Art in Japan)というタイトルで、それぞれ2012年2月と5月に講演を行っている。

2012年夏には、2011年度に引き続いて「子供向け日本マンガ・サマー・キャンプ」も開催される予定。これは8才から10才の子供と11才から13才の子供に向けられたもので、図書館に一週間通ってもらい、日本のマンガとBAnQに慣れ親しんでもらうことを目的としている。費用は160カナダ・ドル(約1万3千円)。

BAnQには約5千点の日本マンガが所蔵されている。

「日本マンガ年」特設ホームページ
http://manga.banq.qc.ca/
「日本マンガ年」プレス・リリース
http://www.banq.qc.ca/a_propos_banq/salle_de_presse/communiques_de_presse/2011/communique.html?c_id=615bb733-84c0-4c69-8e0f-5dfc09a1ba1a