2011年12月28日より、文化庁が「平成24年度 文化芸術の海外発信拠点形成事業(アーティスト・イン・レジデンス事業)」の募集を開始している。この事業は、異文化交流の担い手となる外国人芸術家の積極的受け入れや、各地域で取り組んでいる特色ある国際文化交流事業を国が支援する事業であり、日本各地に文化創造と国際的発信の拠点づくりを推進することを目的としている。対象となる芸術分野は、メディア芸術の他、美術・デザイン・工芸・文学・舞踏・演劇・映画など、特に限定はなく、また芸術家のみならず、研究者、学芸員の招へいも可能となっている。

芸術家をある土地に招いて、創作活動を支援するアーティスト・イン・レジデンスのような支援事業は、1970年代ごろから欧米で普及しはじめ、現在では芸術家支援の形態の一つとして市民権を得ている。

一方、日本でも1990年代から自治体を中心として、地域振興の試みとして取り組みが広がりつつある。「アーカスプロジェクト」(茨城県)、「秋吉台国際芸術村」(山口県)などは代表的な事例である。

募集期間は2012年1月27日まで。応募要領や申請書様式などの募集の詳細は、文化庁のサイトで確認できる。

編集部

平成24年度文化芸術の海外発信拠点形成事業の募集開始について

http://www.bunka.go.jp/kokusaibunka/h24_kaigai_jigyo.html