ライター一覧

現在の執筆者

コアライター

  • 霜月 たかなか(編集長/マンガ・アニメーション領域編集担当)1951年埼玉県生まれ。大学在学中にまんが批評同人サークル「迷宮」を結成し、日本初のまんが同人誌即売会「コミックマーケット」を1975年から開催。その初代代表となる。 以後まんが・アニメーション関係のフリーライター(ペンネーム・霜月たかな...
  • 福田 一史(ゲーム領域編集担当)1979年福岡県生まれ。2016年より、立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員。2012年立命館大学大学院先端総合学術研究科博士課程(一貫制)修了。博士(学術)。 専門はデジタルゲームを主たる対象とするイノベーション理論、経営史。また、...
  • 林田 新(メディアアート領域編集担当)写真研究、視覚文化論。京都造形芸術大学専任講師。 主な論文に「長崎の皮膚――『〈11時02分〉NAGASAKI』――」『現代思想 5月臨時増刊号 総特集=東松照明 戦後日本マンダラ』(青土社、2013年4月)など。 企画した展覧会に...
  • 古城 文康(マンガ・アニメーション領域)1961年東京生まれ。映像研究者。東海大学工学部光学工学科卒。メーカー勤務を経て現在はフリーランス。日本アニメーション協会会員。日本アニメーション学会会員。 国内・海外のアニメーション作品と作家の取材を中心に活動している。 2008年〜...
  • 塩崎 昇(マンガ・アニメーション領域)1959年生。ライター・イラストレーター。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒。 ジュニアSF選・別冊『SFなんでも講座』(1987年草土文化刊)、 『誕生!「手塚治虫」』(1998年朝日ソノラマ刊)、『鉄腕アトムコンプリートブ...
  • 竹内 美帆(マンガ・アニメーション領域)専門:マンガ研究・美術教育。京都精華大学大学院マンガ研究科博士後期課程単位取得退学、福岡女子短期大学非常勤講師。ライプツィヒ大学客員研究員(2013年10月〜2014年3月)。 マンガに関する主な著作は、「はだしのゲン」の「力」 トマ...
  • 五島 一浩(マンガ・アニメーション領域)969年静岡県生まれ。イメージフォーラム付属映像研究所専任講師。岡山県立大学ほか非常勤講師。 映像制作、ビデオゲーム制作などを歴て1999年よりフリーランスの映像作家として活動する。 代表作に3DCG短編映像シリーズ「FADE in...
  • 宮本 大人(マンガ・アニメーション領域)1970年和歌山県生まれ。明治大学国際日本学部准教授。漫画史・表象文化論。 編著に『江口寿史 KING OF POP Side B』(青土社、2016年)、共著に『マンガの居場所』(NTT出版、2003年)。
  • 木村 智哉(マンガ・アニメーション領域)1980年生。2011年、千葉大学大学院 社会文化科学研究科修了。博士(文学)。 早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点研究助手、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は明治学院大学、早稲田大学、玉川大学、東京外国語大学、東京造形...
  • 小野 憲史(ゲーム領域)ゲームジャーナリスト/国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本名誉理事・事務局長。 「ゲーム批評」編集長などを経て2000年よりフリーランスで活動を開始。 記事執筆のほか講演・特別講師などもこなす。ゲームライターコミュニティを2015年...
  • 鴫原 盛之(ゲーム領域)1993年に「月刊ゲーメスト」(新声社)で攻略ライターとしてデビュー。その後、ゲームセンター店長やメーカー営業などの職を経て2004年よりフリーライターとなり、ゲーム系ニュースサイトへの寄稿をはじめゲーム攻略本や関連書籍を多数執筆。 ...
  • 調 文明(メディアアート領域)1980年生。写真史研究・写真批評。日本女子大学ほか非常勤講師。 『アサヒカメラ』『日本カメラ』『写真画報』『PHaT PHOTO』などで執筆。 論文に「A・L・コバーンの写真における都市表現――三つのニューヨーク・シリーズを中心に...
  • 高嶋 慈(メディアアート領域)美術批評。京都市立芸術大学 芸術資源研究センター研究員。 現在、artscape(http://artscape.jp/index.html)にて現代美術や舞台芸術に関するレビューを連載中。 企画した展覧会に、「Project ‘M...
  • 原島 大輔(メディアアート領域)東京大学大学院総合文化研究科特任研究員。基礎情報学/表象文化論。 DJ/VJ、パフォーマンスやコンサートの舞台演出。近作に、B.A.ツィンマーマン《ある若き詩人のためのレクイエム》(字幕映像、2015)、scscs公演(映像/プログラ...
  • 居村 匠(メディアアート領域)神戸大学大学院人文学研究科博士課程後期課程。専門は美学芸術学、ブラジル美術。

テンポラリーライター

  • 井上 明人1980年生。現在、関西大学総合情報学部特任准教授、立命館大学先端総合学術研究科非常勤講師。 2005年慶應義塾大学院 政策・メディア研究科修士課程修了。2007年より国際大学GLOCOM助教。2015年より現職。2011年より#denk...
  • 太田 純貴1980年生。長野県長野市出身。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、鹿児島大学准教授。 日本学術振興会特別研究員(DC2)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)での在外研究(京都大学教育研究振興財団によ...
  • 土居 伸彰アニメーション研究・評論。日本学術振興会特別研究員、東京造形大学非常勤講師。ユーリー・ノルシュテイン作品を中心とした世界の非商業系短編アニメーションに関する歴史・理論研究と並行して、Animations Creators & Critics...
  • 野田 謙介マンガ研究者、翻訳者。雑誌「Pen」の特集「世界のコミック大研究。」(阪急コミュニケーションズ、2007年、No.204)の企画・構成を手がける。 訳書に、ティエリ・グルンステン『マンガのシステム----コマはなぜ物語になるのか』(青...
  • 藤津 亮太'68年生まれ。新聞記者、週刊誌編集を経て'00年からフリー。アニメ関係を中心に雑誌、DVDブックレットなどライティングを中心に手掛け、'03年に「『アニメ評論家』宣言」(扶桑社)を出版。また'10年に'04年から'10年にかけてのアニメ・...
  • 明貫 紘子平成23年度メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業企画アシスタント・ディレクター/ドナウ大学メディアアートヒストリー修士課程在籍中 平成22年度メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業における調査研究「メディアアートの記録と保存...
  • 筧 康明インタラクティブメディア研究者/デザイナー。慶應義塾大学環境情報学部准教授。2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。 人間の五感や物理素材の特性とデジタル情報を掛け合わせて、人と人、人とモノをつなぐインタ...
  • 高橋 裕行1975年生。キュレーター。メディアアート研究者。慶応義塾大学環境情報学部卒、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)ラボ科卒。 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科助手、SKIPシティ映像ミュージアムキュレーターを経て、現在、...
  • 中里 修作翻訳家・BD愛好家。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。専門は『タンタンの冒険』。 『ユリイカ』2011年12月号「特集*タンタンの冒険」では、論考「「タンタンの冒険」という曲折」およびシリーズ全話解題、エルジェ年表を執筆...
  • 水野 勝仁甲南女子大学文学部メディア表現学科講師。1977年生まれ。 「ポスト・インターネット」という状況を考察していくなかで、エキソニモ、谷口暁彦、ラファエル・ローゼンダールの作品に強い関心をもつようになる。彼らの作品を通して、ヒトとコンピュ...
  • 緒方 壽人株式会社オンザフライ代表取締役/デザインエンジニア。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科非常勤講師。2000年東京大学工学部卒業。 2002年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業後、2003年よりデザインエンジニアとしてリ...
  • 伊藤 遊/イトウ ユウ1974年、愛知県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム研究員。専門は民俗学・マンガ研究。 民俗学におけるテーマは、「路上観察」の元祖「考現学」の...
  • 畠中 実NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員。1968年生まれ。 1996年の開館準備よりICCに携わる。主な企画には「サウンド・アート―音というメディア」(2000年)、「サウンディング・スペース」(2003年)...
  • キム・ジュニアン1970年韓国生まれ。現在、イギリスで発行される「Animation: An Interdisciplinary Journal」のアソシエート・エディター、ソウル大学日本研究所客員研究員、東京造形大学客員研究員、日本アニメーション学会理事...
  • マット アルト米国、ワシントンDC生まれ。ウィスコンシン州立大学にて日本語を専攻し、卒業。米国政府特許庁にて翻訳家として勤務、退職。平成15年1月に、エンターテインメント翻訳専門会社の株式会社アルトジャパン取締役副社長に就任。 ゲームソフト、漫画、...
  • 三輪 健太朗マンガ研究者。1986年生まれ、長野県松本市出身。 学習院大学大学院身体表象文化学専攻博士後期課程/日本学術振興会特別研究員DC/東京工芸大学マンガ学科非常勤講師。
  • 表 智之1969年、大阪生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。 京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員を経て、現在は北九州市マンガミュージアム専門研究員。専攻は思想史・マンガ研究。
  • 金澤 韻キュレーター。東京藝術大学大学院修了後、熊本市現代美術館(2001〜2006)、川崎市市民ミュージアム(2006〜2013)を経て、2013年9月よりロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでキュレーティング・コンテンポラリー・アート専攻...
  • 会田 大也1976年東京都生まれ。東京造形大学造形学部デザイン学科造形計画専攻、IAMAS(情報科学芸術大学院大学)卒業後、山口情報芸術センター[YCAM]勤務。 2003年の開館以来、教育普及担当として作品鑑賞、メディアおよび身体表現に関わる...
  • 尾形 美幸CG教育分野を中心に活動するフリーランスのライター&編集者。東京芸術大学大学院修了、博士(美 術)。IGDA日本(NPO法人国際ゲーム開発者協会日本)理事/Student-TF世話人。 CG-ARTS協会(公益財団法人画像情報教育振興...

過去の執筆者

コアライター

  • 馬 定延1980年韓国ソウル生まれ。学部では英語英文学と心理学を、修士課程では芸術工学を専攻。 東京藝術大学大学院映像研究科博士課程卒業。学位論文『日本におけるメディアアートの形成と発展』。 現在同学非常勤講師。

テンポラリーライター

  • 小田切 博ライター、アメリカンコミックス研究。 著書『誰もが表現できる時代のクリエイターたち』、『戦争はいかにマンガを変えるか』(ともにNTT出版刊)、『キャラクターとはなにか』(ちくま新書)、共編著『アメリカンコミックス最前線』(トランスアー...

ページの先頭へ