映画|アメリカン・ハッスルの動画を無料でフル視聴できるサイトまとめ

©2013CTMG
▼この映画を無料視聴するならココ!▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

U-NEXT


見放題
31日間無料
月額1990円
視聴する
※本ページの情報は2020年10月時点のものです。
今日から12月27日まで無料!
公開 2014年
時間 138分
制作/配給 アンナプルナ・ピクチャーズ
コロンビア映画
ファントム・フィルム
出演/吹き替え声優 アーヴィン・ローゼンフェルド:クリスチャン・ベール/宮内敦士
リッチー・ディマーソ:ブラッドリー・クーパー/桐本琢也
シドニー・プロッサー:エイミー・アダムス/中村千絵
カーマイン・ポリート:ジェレミー・レナー/坂詰貴之
ロザリン・ローゼンフェルド:ジェニファー・ローレンス/東條加那子
ストッダード・ソーセン:ルイ・C・K/田原正治
パコ・ヘルナンデス:マイケル・ペーニャ/佐々木啓夫
ピート・ムセイン:ジャック・ヒューストン/櫻井トオル
公式サイト アメリカン・ハッスル|allcinema
Wikipedia アメリカン・ハッスル

FBIに逮捕された詐欺師・アーヴィングは、捜査官のリッチーに司法取引を持ち掛けられる。それを受けた彼は、カジノに絡む政治家たちの汚職を暴くおとり捜査に臨んだ。しかし彼らが想像した以上の大物が掛かり、事態は混沌としたものになっていく。

ネタバレはコチラをクリック
表向きはクリーニング屋、裏では盗品や贋作を売る詐欺師・アーヴィン(クリスチャン・ベール)。

恋人のシドニー(エイミー・アダムス)と共に詐欺を働いていたある日、顧客を演じていたFBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)にシドニーが逮捕され、司法取引を持ち掛けられます。

別居中の妻の元の息子が気になり逃げられないアーヴィンとシドニーはリッチーを利用して、アラブのシークを作り上げ、詐欺師をおびき寄せる作戦をスタート。

ニュージャージー市長がカジノ建設の資金を欲しがっていると知ったリッチーは手柄を上げるためにターゲットを市長へと変更し、アーヴィンも巻き込まれることに・・・。

市長・カーマイン(ジェレミー・レナー)に賄賂を受け取らせることには失敗するも、カーマインの信用を得るアーヴィン。

カーマインと親しくなるにつれ、彼の人柄と市民への想いに罪悪感を募らせていくアーヴィン。

アーヴィンの妻・ロザリン(ジェニファー・ローレンス)とシドニーの女の対決も勃発し・・・。

配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

U-NEXT

見放題
※おすすめ
31日間無料
月額1990円
600円分配布
視聴する

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
月額2417円
1100円分配布
視聴する

music.jp

レンタル
30日間無料
月額1958円
1600円分配布
視聴する

Amazonプライムビデオ

レンタル
30日日間無料
月額500円
ポイントなし
視聴する

dTV

配信なし
31日間無料
月額500円
ポイントなし
視聴する

TELASA

配信なし
30日間無料
月額562円
550円分配布
視聴する

FODプレミアム

配信なし
2週間無料
月額888円
900円分配布
視聴する

dアニメストア

配信なし
31日間無料
月額400円
ポイントなし
視聴する

Hulu

配信なし
2週間無料
月額1026円
ポイントなし
視聴する

ABEMA

配信なし
1ヶ月間無料
月額960円
ポイントなし
視聴する

NETFLIX

配信なし
無料期間なし
月額800円
ポイントなし
視聴する

U-NEXTならお試し期間を利用すれば『アメリカン・ハッスル』の動画を最初から無料フル視聴できます。

さらに、お試し期間中に600円分のポイントもプレゼントされるため、漫画や雑誌、レンタル配信の動画も視聴できるお得な配信サイトになります。

今日から12月27日まで無料!
注意

AnitubeやKissAnimeなど海外動画サイトを利用するとウィルスに感染する可能性が非常に高まります。

自分でも気づかないうちにウイルスに感染している場合もあり、「大丈夫だろう」という方こそ危険です。

現在は、無料お試し期間のある動画配信サービスを使えば安心・安全に無料フル視聴できるので動画配信サービスをおすすめします。

動画配信サービスの5つメリット

  • 合法で、ウイルス感染のリスクなし
  • お試し期間があり、無料視聴が可能
  • 見放題&高画質で視聴可能
  • 邪魔な字幕や広告なし
  • ラインナップされている作品が豊富

アメリカン・ハッスルの無料動画サイトまとめ

映画「アメリカン・ハッスル」のみどころ

「アメリカン・ハッスル」のみどころ

本作は1970年代にアメリカで起きた「アブスキャム事件」を元はされていますが、監督・脚本のデヴィット・O・ラッセル氏はその実話に多くの脚色を加えて制作されたそうです。予告編には登場しませんが、本編にはあの名優・ロバート・デ・ニーロ(マフィアのボス・テレジオ役)と名コメディアン・ルイ・C・K(リッチーの上司・ソーセン役)で出演しているのもみどころです。この映画をコメディ映画に分類される評論家さんがいらっしゃるのも、監督のそういう粋な演出によるところが大きいのかもしれません。ぱっと見には気づかないのですが、実に200箇所以上で特殊効果も使われています。何処で使われたのでしょうか?監督が1970年代を再現することにこだわり、現代風の建物をすべて消すことに使われたのです。こだわりと工夫の詰まったクライム・コメディ映画をお楽しみください!

映画「アメリカン・ハッスル」の感想

みんなの感想

FBIやマフィアが登場しますが、俗にいうドンパチ映画ではありません。静かな心理戦が絶え間なく繰り広げられるので、途中で少し疲れを感じるほど(笑)。

その「少し疲れたかな~」と思う辺りで、ちょっぴり笑えるシーンが出てきます。

本人は悲しみの表現だったり、怒りの表現だったりするのでしょうが、冷静に周囲から見るとクスっと笑えてしまうような感じの笑いです。

最終的に誰も死なない、誰も傷つかない、終わり方が大好きです。みんなが結局はハッピー・エンド!最高です!

私のお気に入りのシーンはアーヴィンの恋人・シドニーと妻・ロザリンがキスをするシーンです♪

素晴らしい怒りと嫉妬の表現方法だな~と感服しました。色々楽しめる映画ですので是非!


アメリカン・ハッスル関連/シリーズ作品