映画|アイネクライネナハトムジークの動画を無料でフル視聴できるサイトまとめ

©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
▼この映画を無料視聴するならココ!▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

FODプレミアム


レンタル
2週間無料
月額888円
※本ページの情報は2020年9月時点のものです。
本日から10月12日まで無料!
公開 2019年
時間 119分
制作/配給 ダブ
出演 佐藤:三浦春馬
本間紗季:多部未華子
織田一真:矢本悠馬
織田由美:森絵梨佳
織田美緒:恒松祐里
久留米和人:萩原利久
ウィンストン小野:成田瑛基
亜美子:八木優希
斉藤:こだまたいち
板橋香澄:MEGUMI
久留米邦彦:柳憂怜
久留米マリ子:濱田マリ
青年:藤原季節
公式サイト 映画 『アイネクライネナハトムジーク』 公式サイト
Wikipedia アイネクライネナハトムジーク(映画)

仙台駅前。 大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。 二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司・藤間や、分不相応な美人妻・由美と娘・美緒を持つ佐藤の親友・一真、その娘の同級生・和人の家族、由美の友人で、声しか知らない男に恋する美容師・美奈子らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─。

ネタバレはコチラをクリック
とある失敗で街頭アンケートを命じられた佐藤(三浦春馬)は、中々回答してもらえず、思わず街頭シンガーに耳を奪われます。

ふと見ると同じ様に耳を奪われている女性・本間紗季(多部未華子)に見とれ、アンケートに協力を求め、雑談を交わします。

紗季の左手には小さく「シャンプー」と書いてありました。

10年後、佐藤は10年同棲している紗季にプロポーズしますが、煮え切れない態度をとってしまい、業を煮やし実家に帰ってしまう紗季。

10年ぶりにボクサー・ウィンストンが王座に挑戦します。その試合の日、紗季への想いを抑えきれない佐藤は二人が出会った仙台駅前へ。

そこでは同じシンガーがあの時の様に歌っていました。

帰りのバス停で紗季を見かけた佐藤は紗季の乗ったバスを追いかけて走り出します。

途中で泣いている少年を見つけ母親に引き渡す佐藤の姿をバスから降りて見つめていた紗季に「返事はゆっくり考えて」と言い、バスに乗せる佐藤。

果たして、紗季の返事は・・?

配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

FODプレミアム

レンタル
※おすすめ
2週間無料
月額888円
900円分配布

U-NEXT

レンタル
31日間無料
月額1990円
600円分配布

TSUTAYA DISCAS

レンタル
30日間無料
月額2417円
1100円分配布

music.jp

レンタル
30日間無料
月額1958円
1600円分配布

Amazonプライムビデオ

レンタル
30日日間無料
月額500円
ポイントなし

dTV

レンタル
31日間無料
月額500円
ポイントなし

TELASA

レンタル
30日間無料
月額562円
550円分配布

dアニメストア

配信なし
31日間無料
月額400円
ポイントなし

Hulu

配信なし
2週間無料
月額1026円
ポイントなし

ABEMA

配信なし
1ヶ月間無料
月額960円
ポイントなし

NETFLIX

配信なし
無料期間なし
月額800円
ポイントなし

FODプレミアムならお試し期間を利用すれば『アイネクライネナハトムジーク』の動画を最初から無料フル視聴できます。

無料視聴にあたり、FODのポイントをすべて貰うならお試し期間中にいずれかの8のつく日(8,18,28)に2回ログインすると最大ポイントの900ポイントが付与されます。

本日から10月12日まで無料!
注意

AnitubeやKissAnimeなど海外動画サイトを利用するとウィルスに感染する可能性が非常に高まります。

自分でも気づかないうちにウイルスに感染している場合もあり、「大丈夫だろう」という方こそ危険です。

現在は、無料お試し期間のある動画配信サービスを使えば安心・安全に無料フル視聴できるので動画配信サービスをおすすめします。

動画配信サービスの5つメリット

  • 合法で、ウイルス感染のリスクなし
  • お試し期間があり、無料視聴が可能
  • 見放題&高画質で視聴可能
  • 邪魔な字幕や広告なし
  • ラインナップされている作品が豊富

アイネクライネナハトムジークの無料動画サイトまとめ

映画「アイネクライネナハトムジーク」のみどころ

「アイネクライネナハトムジーク」のみどころ

原作は「重力ピエロ」「グラスポッパー」など多数映画化されている伊坂幸太郎さん。監督はダメな恋愛を描かせたらピカイチの今泉力哉さん。原作者自らのご指名だったそうです。脚本は「残穢―住んではいけない部屋―」や「殿、利息でござる!」などを手掛けた鈴木議一さんが担当されました。6つの短編から物語が成り立つ構成で、三浦春馬さん演じる「ボク」を中心に最終章ですべての登場人物の伏線が回収されます。斉藤和義さんが担当した主題歌も大変注目を集めました。「出会い」を主軸にしたストーリーの登場人物それぞれの「出会い観」もお楽しみください。果たして、佐藤は一度は出て行ってしまった紗季と結婚することが出来るのでしょうか?

映画「アイネクライネナハトムジーク」の感想

みんなの感想

一度目に観た時は、視点が定まらずに全体的にフワッとした印象でした。

二度目はストーリーの運び方とテンポが掴めていたので、理解し易かったです。

三浦春馬さんと多部未華子さんという組み合わせが意外性もあって、微妙にすれ違う二人の関係がとてもリアルに感じられました。

冴えない夫・父親役の矢野悠馬さんが本当にイメージぴったりで好演ですし、妻に捨てられる上司役の原田泰造さんもはまり役ですね。

三浦春馬さんは役によって雰囲気から何もかもすべてを変えられていて、「天才」だなぁ~と思いました。

多部未華子さんは時々「ん?」と思う演技をされている時があるのですが(笑)、今作はとても自然体で観ていて共感できる素敵な演技でした。

時々、観たくなる映画です。


アイネクライネナハトムジーク関連/シリーズ作品