実写映画|予告犯の動画を無料でフル視聴できるサイトまとめ

©2015映画「予告犯」製作委員会 ©筒井哲也/集英社
▼この映画を無料視聴するならココ!▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

TSUTAYA DISCAS


無料DVD
レンタル
30日間無料
月額2417円
※本ページの情報は2020年10月時点のものです。
今日から11月19日まで無料!
公開 2015年
時間 119分
制作/配給 WOWOW FILMS
C&Iエンタテインメント
東宝
出演 奥田宏明/ゲイツ:生田斗真
吉野絵里香:戸田恵梨香(幼少期:長木玲奈)
葛西智彦/カンサイ:鈴木亮平
木村浩一/ノビタ:濱田岳
寺原慎一/メタボ:荒川良々
岡本大毅:宅間孝行
市川学:坂口健太郎
青山祐一:窪田正孝
楓:小松菜奈
ヒョロ/ネルソン・カトー・リカルテ:福山康平
公式サイト 予告犯|東宝WEB SITE
Wikipedia 予告犯

筒井哲也の同名漫画を生田斗真と戸田恵梨香の共演で実写映画化したクライムサスペンス。事件は唐突に始まった。Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた“シンブンシ”と名乗る「彼」は、法では裁かれず、見過ごされがちな罪を犯した者たちを暴露。そして「彼」なりの制裁を加えていく。集団食中毒を起こした食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。すると食品加工会社で火災が発生した。ネット犯罪を取り締まる、警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香は、この謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。捜査を続ける吉野はシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることに気付く。それでも「彼ら」は吉野をあざ笑うかのように、予告と制裁を繰り返していく。そして予告配信現場に残される“ネルソン・カトー・リカルテ”という謎の文字。巷には「彼ら」を神と崇める模倣犯も出現し、マスコミの報道は過熱。遂には政治家殺害予告にまで至り、社会現象へと発展していく。

配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

TSUTAYA DISCAS

レンタル
※おすすめ
30日間無料
月額2417円
1100円分配布

FODプレミアム

配信なし
2週間無料
月額888円
900円分配布

U-NEXT

配信なし
31日間無料
月額1990円
600円分配布

dアニメストア

配信なし
31日間無料
月額400円
ポイントなし

Hulu

配信なし
2週間無料
月額1026円
ポイントなし

ABEMA

配信なし
1ヶ月間無料
月額960円
ポイントなし

NETFLIX

配信なし
無料期間なし
月額800円
ポイントなし

music.jp

配信なし
30日間無料
月額1958円
1600円分配布

Amazonプライムビデオ

配信なし
30日日間無料
月額500円
ポイントなし

dTV

配信なし
31日間無料
月額500円
ポイントなし

TELASA

配信なし
30日間無料
月額562円
550円分配布

TSUTAYAディスカスならお試し期間を利用すれば『予告犯』の動画を無料DVDレンタルにて視聴できます。

特にサービスプランの定額レンタル8ならDVD借り放題+配信動画を見放題となっていて、配信されていない新作映画をDVDで楽しめるうえに、配信されている動画は今すぐ視聴できるようになります。

今日から11月19日まで無料!
注意

AnitubeやKissAnimeなど海外動画サイトを利用するとウィルスに感染する可能性が非常に高まります。

自分でも気づかないうちにウイルスに感染している場合もあり、「大丈夫だろう」という方こそ危険です。

現在は、無料お試し期間のある動画配信サービスを使えば安心・安全に無料フル視聴できるので動画配信サービスをおすすめします。

動画配信サービスの5つメリット

  • 合法で、ウイルス感染のリスクなし
  • お試し期間があり、無料視聴が可能
  • 見放題&高画質で視聴可能
  • 邪魔な字幕や広告なし
  • ラインナップされている作品が豊富

予告犯の無料動画サイトまとめ

映画「予告犯」を視聴した人におすすめの映画

模倣犯

東京の下町で豆腐屋を営む有馬義男。20歳になる孫娘・古川鞠子が失踪してはや10か月、事件は何の進展も見せていなかった。そんなある日、下町の大川公園のゴミ箱から女性の右腕とショルダーバッグが発見される。それを報じるワイドショーの生放送中に“片腕とバッグは別の人間のもので、バッグの持ち主は古川鞠子という女だ”と、犯人からの電話が入る。すると、今度は各局にも犯人からの犯行声明が届く。そこには、それぞれ別人の被害者と思われる女性の淫らな写真が添えられていた。日本中が騒然となる中、有馬は鞠子を救い出すべく必死の捜索を行うのだったが……。

白ゆき姫殺人事件

国定公園・しぐれ谷で誰もが認める美人OLが惨殺された。全身をめった刺しにされ、その後火をつけられた不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まる。彼女の名前は城野美姫。同期入社した被害者の三木典子とは対照的に地味で特徴のないOLだ。テレビ局でワイドショーを制作するディレクター・赤星雄治は、彼女の行動に疑問を抱き、その足取りを追いかける。取材を通じてさまざまな噂を語り始める、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々。「城野さんは典子さんに付き合っていた人を取られた・・・・・・押さえていたものが爆発したんだと思う、あの事件の夜」「小学生の頃、よく呪いの儀式をやってたって。被害者の殺され方が呪いの儀式と同じでしょう?」「犯人です、間違いありません!」。テレビ報道は過熱し、ネットは炎上。噂が噂を呼び、口コミの恐怖は広がっていく。果たして城野美姫は残忍な魔女なのか? それとも──。

脳男

第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の同名小説を「僕等がいた」の生田斗真主演で映画化したサスペンス・アクション。連続爆破事件が巷を震撼させる中、容疑者として逮捕された心を持たない男・鈴木一郎をめぐる謎と事件の行方を迫力のアクション・シーンとともにミステリアスに綴る。共演は松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ。監督は「イキガミ」の瀧本智行。都内近郊で発生した無差別連続爆破事件の捜査を進める茶屋刑事は、爆弾魔・緑川のアジトを突き止め、そこで共犯者と見られる男を逮捕する。取り調べでは鈴木一郎と名乗る以外、なにも供述しようとはせず、精神科医・鷲谷真梨子による精神鑑定が行われることに。真梨子は感情を一切表に出さない男に興味を抱き、その過去を調べ始めるが…。